FIT価格が下がっても儲かる!?話題の太陽光発電投資!!

太陽光発電投資の仕組みとFITの影響


太陽光発電投資が長らく着目されてきたのはFITの影響が大きいのは事実です。国が買取価格を高額な状態で一定期間は定額にしてくれる制度を作っているため、太陽光発電で電力を生み出せば確実に収益が得られると期待できます。もし買取価格が変動してしまうと電気料金の引き下げが求められる傾向が強まるにつれて収益性が低下してしまうリスクがあるのは事実です。その点でFITがあるのが太陽光発電投資を長期的に行っても確かな利益が得られる根拠として必要になっています。
しかし、国もFIT価格を下げて電気料金を減らすことにより経済の活性化を促さなければならないと動き始めました。これによって太陽光発電投資の業界に衝撃が走ったのは事実でしょう。



FIT価格が下がっても今が投資時期


FIT価格が下がったことにより新規に太陽光発電を始めたときの利益率が低下してしまったのは確かです。しかし、それでもなお太陽光発電投資は今が投資時期としての地位が緩いでいません。以前よりも利回りが低下してしまったのは事実ですが、それでもなお安定した高利回りを実現できています。ただ銀行預金としておくよりも遥かに大きな利益を上げられる可能性が高いのが太陽光発電投資です。
今後もまたFIT価格が引き下げの対象になる可能性もあるでしょう。まだFIT価格が高いうちに太陽光発電投資を始めておけばそれだけ高い利回りを長期間に渡って実現できます。買取価格が10年や20年に渡って保証されるのがFITのメリットであり、その魅力がなくならないうちは太陽光発電投資をすれば着実に儲けられるでしょう。