利益に直結!?太陽光発電投資で重要な土地の選び方!!

周辺環境を意識した土地選びが重要な太陽光発電投資


太陽光発電に投資する場合、発電システムを設置する土地は重要な要素です。安い土地を選べばコストは抑えられる一方で、太陽光発電に適していない土地であるとかえって高くつくことになりかねません。土地の周辺環境は重要であり、まずは十分な発電量を得るために日当たりの良い場所を選ぶことは必要最低限心掛けたい要素です。
また太陽光発電システム設置のために安い土地を探すとなると、郊外の山林地域が主な候補になります。すると発電した電力を送電するために、送電線など新たな設備投資が必要となり費用が新たに掛かるかもしれません。多少土地が高くとも、場合によっては街に近いエリアの方がトータルで費用の節約につながるケースもあります。



災害に強い土地を選ぶ太陽光発電投資


資金を太陽光発電に投じるのであれば、災害により損害を受けるリスクを考える必要があります。設置した太陽光発電システムが、洪水や土砂崩れのような災害を受ける可能性は否定できません。土地選びの際には万が一に備えて、災害によって被害を被る可能性のある要素はできるだけ排除した方が安心です。
例えば河川や崖の近くにある土地は、場合によっては災害が発生する可能性が考えられるため注意しなければなりません。できれば、地盤内部の詳しい資料を参照することができると、地震発生時の地盤沈下といったリスク回避に役立ちます。さらに土地周辺に外壁を設けるなどの方法により、災害発生時の太陽光発電システムへの被害をある程度は抑制が可能です。